昭和の国産アンティーク時計専門店・昭和ラウンジ

ORIENT

1901年に上野に開店した吉田時計店から始まった、ORIENT(オリエント)。戦後の労働争議の長期化から1度解散するものの1950年に「多摩計器」として復活、翌年 に現在も続いている「オリエント時計」に社名変更してから、国内ブランドの大 手のセイコーやシチズンに続く日本のメーカーのトップという意味合いも込めて 「時計業界の三男坊」といわれ今も親しまれているブランドです。
4